逆風の中で立ち上がった!電鉄会社の復活劇

「ことでん」の愛称で親しまれている四国の高松琴平電鉄は、 2001年に民事再生法の適用を申請しました(いわゆる倒産です)。

その翌年「新生ことでん」として再出発した頃の利用者の評判は

最悪ともいえるものでした。 そこで、「駅員の態度が悪い」、「駅が汚い」といった 利用者の苦情を拾い上げて地道に改善を続けた結果、 徐々に利用者の信頼を得て、

2006年に黒字回復を果たしたのです。

最近では、大正から昭和初期のレトロ電車による

月1回の特別運行が人気を集めています。 また、各地の鉄道の引退車両を譲り受けて再利用していることから、 高松琴平電鉄は「動く電車博物館」とも呼ばれています。

着実に復活の道をたどる高松琴平電鉄ですが、 利用者の声に耳を傾け改善を行うという実直な 姿勢が、その再起を支えてきたのではないでしょうか。

最新記事
アーカイブ

〒070-0032
旭川市2条通8丁目144番地2 旭川二条通ビル7階

TEL:0166-73-9118

FAX:0166-73-9119

Copyright © 2016Futaba Financial All Rights Reserved